世界遺産白神山地 二ツ森

「白神山地」は青森県から秋田県にまたがって広がっています。
太古からの手付かずの広大なブナ林が広がる「白神山地」は世界的にも貴重な地域と認められ、1993年12月ユネスコによる「世界自然遺産」に登録されました。

標高1,086.2mの二ツ森は登録されている地域のうち立ち入りが許可されている「緩衝地域」にあります。山頂からは立ち入りができない白神の「核心地域」の雄大なブナの原生林がどこまでも広がり360度のパノラマが楽しめます。



* 画像の無断持出しはご遠慮ください *



旅のメモ

10/16から3日間、念願だった世界遺産の白神山地の紅葉を見に行ってきました。
羽田空港から飛行機で大館能代空港(あきた北空港)まで行き、現地ではレンタカー利用となりました。
初日の午前中は一時曇りでしたが、その後は旅行中ずっと良いお天気で3日間思う存分ドライブと山歩きを楽しんできました。
第1日目は日本海を眺めながらの海岸沿いのドライブ。途中で二ツ森登山と十二湖散策を楽しみ、十二湖近くの「ウエスパ椿山」のコテージに泊まりました。
二ツ森登山では山頂まであと一歩のところまで登りましたが連れの体調不良のため断念して下山しました。頂上を目の前にしてちょっと残念でしたが、途中の眺望もとても素晴しく大満足でした。



HOME





















































10.16