運河とガラス工芸の街 小 樽


運河公園と旧日本郵船鰹ャ樽支店

昔の運河の姿をとどめる北運河

水面に映る石造りの倉庫が美しい運河

浅草橋付近から中央橋方面を望む


倉庫に石油ランプのシャンデリアなど
167個のランプが煌く北一硝子三号館カフェ

世界の骨董オルゴールを集めた小樽オル
ゴール堂2号館アンティークミュージアム

小樽オルゴール堂前の5mの蒸気時計
15分おきに5音階のメロディーを奏でる
●昭和初期までニシン漁の基地として栄えた小樽も今はガラス工芸と運河の街として脚光を浴びています。
●古い石造りの倉庫が建ち並び、御影石を敷き詰めガス灯がともるレトロな運河沿いを散策。夜はライトアップされてさらにロマンチックでした。
古い倉庫を利用した博物館、美術館、レストランやショップ街など覗いて見るだけでも楽しめました。
●小樽=硝子の街を定着させた北一硝子。三号館の石油ランプがともる喫茶ホール(写真上)は素敵でした。ここのジャンボシュークリームの大きさにはビックリ。なんと直径が20cm位あり、とてもひとりでは食べきれません。
●ウニ、カニ、イクラどれも新鮮で最高の味。 小樽ビールも美味しかった!
●天候に恵まれず天狗山から小樽の夜景が見られなかったのが残念!

メルヘン交差点の洒落た洋菓子舗ルタオ
展望塔から小樽港と街並みが見下ろせる

メルヘン交差点の常夜灯と
小樽オルゴール堂(歴史的建造物指定)

倉庫利用の北一硝子三号館ランプホール
世界中のランプとガラス製品のショップ

ガス灯がともりロマンチックな運河の夜景


* 画像の無断持出しはご遠慮ください *




HOME








































2002.07.07